FC2ブログ

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営が3年目に突入しました! 将来独立を目指す若者と、ベテランの技術者と共に楽しい農業を目指し日々奮闘中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

剪定第7日目 臨機応変

前日の祝宴の余韻も引きずることなく日曜日でしたが、この日も午前8半から

会のメンバーである斉藤さんの園地に福島のメンバーはもとより会津のメンバーさんも

全員集合でかなり賑やかな感じで作業が始まりました



斉藤さんの園地は今や住宅街のど真ん中で栽培・管理にもかなり御苦労されていると思い

ます。 消毒の際も道路際はSS(スピード・スプレイヤー)は使えずに手散布だそうです

知美さん園1
リンゴの枝も道路にはみ出して行きそうで(実際、はみ出してカットした痕もあります)


自分なら、間違いなく道路際の一列は
「エ~ィ面倒だ~~~」キラッ☆\( ・・) 妖刀村正!! ヒュン( ・・)o/(・V・) スパッ!!
伐採の選択だと思うのですが

福沢先生は流石に、引き出しを何段重ねでも持っているので

なりに合わせた剪定が可能です(ここ重要!!)



どうしても、毎年枝は成長して伸びて行きます、多めにカットされると余計に反発して

枝だけを伸ばそうとして養分を実に回さなくなり、結果として中々綺麗に赤くならない

リンゴが出来やすくなります



先生はそこを伸びすぎず、且つちゃんと美味しいリンゴを成らせる為の剪定技術を持って

いるのがスゲ~~~( ̄□ ̄;)ところです

知美さん園2
一本、終えると木が床屋さんに行ってサッパリとした感じになります


少なくとも手前左側の量の枝は切り落とされてます


秋に、美味しいリンゴを収穫出来るかは、園地のオーナーさんの管理次第となるので
私自身も更に頑張らなくてはと思いました (・-・)ん・・・責任重大だ^^;

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://acriveseed0523.blog115.fc2.com/tb.php/58-8eb70d95

 ホーム