カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営も3年目に突入!
こんな環境の中でもいかに楽しく農業をやるか日々奮闘中です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

黄色い桃

こんにちは!このところの福島は梅雨らしい空模様です。
でも、今日は晴れていますね~(*^。^*)
雨が降ると作業予定が変更になったりするので、しばらくは、お天気とにらめっこしながらの日々が続きそうです。

さて、今日は黄色い桃「黄貴妃(おうきひ)」についてです。
収穫時期は9月の中旬から下旬頃の「遅めの桃」です。

DSCN1695[1]_convert_20160908105323

味は「マンゴーピーチ」と呼ばれるように濃厚でねっとりとした食感「黄貴妃」

黄桃って聞くと、まず思い浮かぶのは「桃の缶詰め」!!って方も少なからずいらっしゃいませんか?
子供の頃、よく食べていました「桃缶」!!キャンプの時に夜テントの中で食べた桃缶、忘れられない思い出です。
では、そもそも、どうして缶詰の桃には「黄桃」が多かったのでしょうか?それは果肉の特徴にありました。「黄桃」は硬めの肉質で加熱しても煮崩れが少ないため、加工向きだったのです。また、糖度が低めで生で食べてもあまりおいしくなかったために「黄桃」は砂糖で煮詰めて缶詰になっていました。
ところが、だんだん品種改良が進み生で食べてもおいしい黄桃が作られるようになってきました。
それと、日本にマンゴーブームが到来したことも「黄黄妃」を語るには欠かせません。「黄貴妃」を知らない人に、桃の特徴を伝えるには「マンゴー」で例えると解りやすいという点も人気急上昇のポイントです。

kako-vk3ClgqFRlzaw0WW.jpg

そんな黄桃ですが、こちら、「食べ頃にご注意!!」
「黄貴妃」は追熟することをおススメします。
硬めのうちは「苦味」を感じることが多いので、おしり(枝の付いていた部分)の所から甘い香りがして、全体に少し柔らかみが出ましたら食べごろです。

「マンゴーピーチ!!」ってどんな味なの~と
そんな「黄貴妃」が気になった方は
「黄貴妃」お買い物ページはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://acriveseed0523.blog115.fc2.com/tb.php/449-dd3c3980

 ホーム