FC2ブログ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営が3年目に突入しました! 将来独立を目指す若者と、ベテランの技術者と共に楽しい農業を目指し日々奮闘中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

あかつき

こんにちは!ブログ担当の高橋です。
今日の福島は暑いです。予報では31℃くらいになるそうですね~。(>_<)
DSCN2700[1]_convert_20170620133657
さてさて、今日は福島を代表する桃「あかつき」についてのお話です。
「あかつき」は1952年(昭和27年)に「白桃」と「白鳳」を交配した桃で1979年に品種登録されました。
育成当初は各地の産地で試験栽培が行われましたが、200gに満たない小玉にしかならず、ほとんどの産地が商品化を断念しました。その中で唯一、「福島県」が栽培方法を試行錯誤し、300gを超える大玉が収穫できる技術を確立し、品種登録に至りました。
その経緯から「あかつき」という品種名は福島県福島市の古くからある伝統的なお祭り「信夫三山暁祭り(しのぶさんざんあかつきまつり)にちなんで命名されたのです。
kako-01WRwKesnw8pZaHr_convert_20170620134234.jpg
こちらは昨年の「あかつき」です。
DSCN2696[1]_convert_20170620133540
こちらが今年の「あかつき」です。随分と大きくなってきました。

さてさて、そんなロマンあふれる「あかつき」ですが、桃の品種の中では硬めの食感です。
そして福島流の桃の食べ方は「桃は硬めでたべる!!」なんですね。まさにピッタリ!!
毎年、ご注文頂くお客様にも「パリパリの硬めの桃が今年も食べた~い。」などのご要望も多数聞こえてきます。(*^。^*)

私は関東出身なので、柔らかめの桃を食べていたので、福島で食べた「硬めの桃」の食感は衝撃でした。

柔らかい桃は繊維が歯に絡んでしまったり、果汁がひじ辺りまでタラタラたれてきたり…
しかし!!だからこそ甘さが強く感じられジューシー。柔らかい桃ならでは楽しみ方です。

一方、カリカリの桃は、果汁もたれる事無く、食感も甘みもサッパリしたフルーツに変身。

どちらがお好みかは、意見の分かれる所ですが、硬い桃も数日置くと柔らかくなりますので、「硬い桃と柔らかい桃」食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょう。

あかつきのご注文はこちらから
ABE果樹園HP
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://acriveseed0523.blog115.fc2.com/tb.php/447-57142c91

 ホーム