FC2ブログ

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営が3年目に突入しました! 将来独立を目指す若者と、ベテランの技術者と共に楽しい農業を目指し日々奮闘中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

剪定とは

こんにちは、ブログ担当の高橋です。(*^_^*)

今日は剪定作業についてのお話しです。1月~3月までは樹木の剪定が果樹園の主な仕事になります。
なぜ剪定が必要なのでしょうか?

それは毎年、美味しい果物の品質を守りながらヽ収穫量を一定に保てるようにするためです。
樹木は放っておくとドンドン生長していきます。そのままにしておくと日当たりが悪くなったり、樹木全体に十分な養分が行きわたらなくなります。
これを防ぐために枝を落とし、調整していきます。

まずは枝ぶりを見て、一年後、二年後の枝が生長した時の形を思い描きながら、残す部分と切り落とす部分を決める大事な作業です。枝を落とすことは、芽も一緒に落とす事なので、良い芽を見極めることも大事になってきます。剪定によって、その時の果物の出来ばえが決まってしまうと言っても過言ではないそうです。

文章で書いてしまうと、簡単そうに思えるかもしれませんが、見極める作業というものは、すぐに習得出来るものではなく、日々の積み重ねと経験が必要です。
毎日、樹木と向き合い、美味しい果物が実るようにと育てている様で、実は、私達も樹木に育てられているのかなぁ。なんて思いました。

DSCN0604_convert_20160323100207.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム