カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営も3年目に突入!
こんな環境の中でもいかに楽しく農業をやるか日々奮闘中です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

よしよし!

フルーツライダー 阿部秀徳です

リンゴの接木の結果が出てきました

既に葉っぱが出てきたものもあります


こっちは発芽まであと少し


「こうとく」と「紅玉」の収穫ができるまであと三年かかりますが結果が出てくることはやはり嬉しいです(^ ^)



スポンサーサイト

リンゴの季節

4月に入り例年より暖かい日が続いたのでリンゴの開花が少し早いです

蜜蜂の搬入も終わり授粉作業も始まりました

暖かい日中だと巣箱の入口付近は蜜蜂がウヨウヨしてます


まだ満開とはいきませんが美味しいリンゴを作る為に機械を使って早朝から授粉作業です


来年度の為に②その先の為に

フルーツライダー 阿部秀徳です

堆肥撒きの後に白い粉?キューピータマゴさん製の卵の殻を沢山撒きました


美味しい果物を作り続けるには働く丈夫な葉っぱが出来る様にしなくてはなりません。
丈夫な葉っぱを作る為にはカルシウムが必要とされます、但しタマゴの殻だけではなかなか分解されませんので、そこで有機物質を多く含む堆肥が効果を発揮します。
堆肥の有機物質により土壌中の微生物が増える事でより殻も早く分解されます

また卵の殻にはペクチン等々の多くの成分が含まれていますので土壌に染み込む事で根から吸収され果実へ供給されるので味の濃い美味しい桃・リンゴを作る事が出来ます


来年もその先にも美味しい果物を作り続ける為に、考え研究をし探究心を忘れずに挑戦して行きます^_^

来年度の為に

フルーツライダー 阿部 秀徳です


来年度の為に働いてくれたリンゴの木に,

少しだけご褒美をあげようと堆肥を撒きました


たまにの栄養補給の意味合いもありますが化学肥料と違い土壌中の

微生物を活性化させるのが1番の目的です

リンゴ畑には2~3年に一度撒くようにしています



毎年じゃないの?と言われそうですが必要以上の施肥は美味しい

リンゴが出来なくなるので要注意です!




次は卵の殻を沢山~撒きます^^



 ホーム