FC2ブログ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営も3年目に突入!
こんな環境の中でもいかに楽しく農業をやるか日々奮闘中です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

剪定後のお手入れ

こんにちは、このところ気温の変化が激しいです。
外作業をしていると汗をかく位の日があったかと思うと先日は雪が降るほど寒かったり。
とはいえ、桜の開花宣言もあり、もう季節は春です。

当園のりんごの木も、日中暖かい日が続いたからでしょうかどんどん活動が盛んになってきています。
DSCN3904_convert_20190326111408.jpg
ただ、この状態で心配なのが、寒い日に霜で花芽の中のめしべが凍って枯れてしまう霜害(そう・がい)というものです。
自然のことなので、抗うことはできませんが、どうか秋には美味しいりんごが実りますように。

さてさて、今日は、剪定後の樹木のその後のお手入れの様子です。
DSCN3899_convert_20190326111002.jpg


剪定で大きな切り口を作ると、樹木が自分で治すのに時間がかかり
菌や害虫など外敵に侵されるリスクが増してしまいます。

そこで、樹木に薬剤を塗ります。
DSCN3901_convert_20190326111145.jpg
これは木にとっての絆創膏のようなものですね。
雨や雑菌の侵入を防いでくれます。

その後、時間をかけて、このように切り口の周りが
盛り上がってきます。こうなれば、もう大丈夫ですね。
DSCN3906_convert_20190326111301.jpg


スポンサーサイト

桃の摘蕾

こんにちは。暖かいと思うと次の日には寒くなる。そんな季節がやってきました。
冬の作業は、りんごの剪定からはじまり、桃の剪定、さくらんぼの剪定を行ってきました。

これからは、桃の蕾もだんだん膨らんできたので、「摘蕾(てきらい)」が始まります。

DSCN3887_convert_20190312125735.jpg

摘蕾とは、剪定と同じように必要なものを残して、不必要な蕾を摘んでいく作業です。

蕾が上にも下にもいっぱい付いています。

DSCN3894_convert_20190312131147.jpg

これを手作業で、ひとつひとつ摘んでいきます。木の大きさによっても違いはありますが、
全ての枝に蕾がいっぱいついているので、1日で2本摘蕾作業が完了すれば良いくらい、
時間のかかる根気のいる作業です。

この枝は摘蕾作業が終わったところです。蕾が減ったのがお分かりになりますか。
上についていた蕾を取り除いています。

DSCN3890_convert_20190312125843.jpg

なぜ、蕾を取ってしまうのか?それは、花がたくさん咲いた桃の木はとても綺麗ですが、花を咲かせるためには、冬の間に蓄えた養分を使います。おいしい実を育てるにはたくさんの養分が必要なので、なるべく不必要な蕾は取り除いて、花を咲かせるエネルギーを少なくしてエネルギーの無駄使いをしないように管理するための作業です。

この管理作業は摘花・摘果へと続き収穫までの間に数回行います。

「春りんご」の販売はご好評のうちに終了いたしました。お買い上げくださいました皆さまありがとうございます。

さくらんぼ剪定作業

こんにちは。だんだん暖かくなるのは嬉しいですが、それに伴って花粉が飛びはじめ、花粉症の方にはつらい季節がやってきますね。

さて、今日は「さくらんぼの剪定作業」でした。

DSCN3881_convert_20190306132734.jpg

昨年から、ABE果樹園に新たに加わった「さくらんぼ園地」でしたが、昨年は「凍害」(凍害とは、農作物が寒さで凍ったために被害を受けること) でせっかくの花芽が低温でダメになってしまいました。
たった一晩で、今までの作業が無駄になってしまう・・・。自然と向き合う農業は大変です。

DSCN3883_convert_20190306132837.jpg

そしてこちらが今のさくらんぼの枝の状態です。蕾もこんなについているのですから、今年は、「美味しいさくらんぼ」を収穫できるように園地管理に励んでいきます。

「春りんご」販売中です。
ご購入いただいたお客様からは、「シャキシャキしていて美味しい!」「歯ごたえがあってうれしい。」など喜びのお声をいただいております。まだ、販売しておりますので、この機会にぜひ、当園の「春りんご」をお試しください。
ネットショップへはこちらからどうぞ。

桃の剪定

今日の福島はお天気も良く、例年より暖かく感じます。
りんごの剪定はほぼ終了しました。先代が桃の剪定をしていたいたので、ちょっとお邪魔してきました。

DSCN3857_convert_20190226112209.jpg

「剪定とは」、前回のブログにも書きましたが、枝ぶりを良く見ながら、生長した姿を想像しつつ良い実が収穫できるように切っていきます。良い実がなるためには葉がとても重要です。葉の養分が枝や根や実を生長させるからです。しかし、その葉で影が沢山出来、日が当たらなくなると桃の枝は枯れてしまいます。

DSCN3868_convert_20190226112442.jpg
日陰になってしまった為枯れてしまった枝

DSCN3867_convert_20190226112340.jpg
日当たりの良い場所にあった枝

先代曰く、「桃の剪定は誰がやっても実が実らないという事はないから簡単だ。」という人もいるけれど、「りんごは日陰が出来てもそれで枝が枯れることはないので、またやり直しがきくけれど、桃は日陰を作ってしまうと枝そのものが枯れてしまって、そこから新しい枝が出る事はなく、そこで終わってしまうから、桃の剪定もまた難しい。」そうです。

「りんご」も「もも」もそれぞれ樹木には特徴があって、さらに一本、一本の違いもあります。それを日々観察して、良いものを収穫出来るようにつなげていくのには、沢山の知識と経験と労力が必要なのだなあ。そして、何よりも果樹を大切に思っているのだなぁと先代のお話を聞くといつも思います。
剪定がうまくいったかの結果がでるのは、収穫の時まで待たなければなりません。さらに、収穫までのお天気も気になります。雨が多くても少なくても、暑すぎても良くありません。
でも、きっと今年も美味しい果物が収穫でき、楽しみにしてくださっている皆様にお届けできますように。
その為にも、毎日、頑張っております。!(^^)!

「春りんご」の販売のお知らせ

まだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
インフルエンザも猛威をふるっている中、当園ではまだインフルエンザや風邪でお休みのスタッフはおりません。
もしかしたら、りんごパワーのおかげかもしれません。(*^^*)

「春りんご」の販売が始まっています。

譏・繧翫s縺疲枚蟄怜・繧垣convert_20180130114145

昨年より販売を開始した「春りんご」ですが、ご購入いただいたお客様にもとても好評で、今年もご注文をたくさん頂いております。
とは言え、「春りんご」ってなあに?というご意見もいただくので、今日は「春りんご」が美味しい三つの理由をお話します。

①シャキシャキの食感!
蜜が入る直前のりんごを冷蔵貯蔵するので、りんごの歯ごたえは採れたてのまま。
②実は甘い?!蜜無しりんご
サンふじの特徴である蜜は、茶色くなりやすく冷蔵保管でも長持ちしづらいです。その為「春りんご」は蜜が入っていません。でも、蜜が入る前のギリギリで収穫をしているので、蜜入りと変わらない美味しさです。
③熟成りんご
サンふじを温度管理がされた冷蔵庫で保管すると、甘みが増していきます。同じサンふじでもまた違った味になっているのが「春りんご」です。

ご購入いただいたお客様からも
「りんごが甘く、シャキシャキ感が残っていて美味しかった。」
「みずみずしいりんごが食べられて嬉しかった。」
などのお声をいただいております。

こちらは数量限定の販売になっておりますので、この機会に是非、ABE果樹園の「春りんご」をお試しください。
ネットショップでの販売はこちらから

 ホーム  »  次のページ