FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

阿部 秀徳 (通称 キバアベ)

Author:阿部 秀徳 (通称 キバアベ)
果樹園の経営が3年目に突入しました! 将来独立を目指す若者と、ベテランの技術者と共に楽しい農業を目指し日々奮闘中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2019年🍒サクランボの実だ~!

無事にさくらんぼの実がつきました。
GW中もお天気を気にしながら管理作業を行っておりました。
去年は凍害で1個もならづに初っ端から手痛い洗礼を受けましたが
今年は今の所GOODです^^

0511-01[1]


次回は摘実を行う予定です。
爽やかなお天気が続いている福島です。

0511-02[1]
スポンサーサイト

2019年🍒サクランボ満開

サクランボの花、満開!
無事に授粉作業を行う事ができました。

アップ用-授粉


桜のようなきれいなサクランボの花が咲きます。
開花アップ2


佐藤錦、ナポレオン、紅秀峰など沢山の品種を管理しています。
全体1


木の下に、かわいいタンポポも咲き始めました。
木の下たんぽぽ


つぼみの、ぷっくり感もかわいい。
つぼみ

剪定後のお手入れ

こんにちは、このところ気温の変化が激しいです。
外作業をしていると汗をかく位の日があったかと思うと先日は雪が降るほど寒かったり。
とはいえ、桜の開花宣言もあり、もう季節は春です。

当園のりんごの木も、日中暖かい日が続いたからでしょうかどんどん活動が盛んになってきています。
DSCN3904_convert_20190326111408.jpg
ただ、この状態で心配なのが、寒い日に霜で花芽の中のめしべが凍って枯れてしまう霜害(そう・がい)というものです。
自然のことなので、抗うことはできませんが、どうか秋には美味しいりんごが実りますように。

さてさて、今日は、剪定後の樹木のその後のお手入れの様子です。
DSCN3899_convert_20190326111002.jpg


剪定で大きな切り口を作ると、樹木が自分で治すのに時間がかかり
菌や害虫など外敵に侵されるリスクが増してしまいます。

そこで、樹木に薬剤を塗ります。
DSCN3901_convert_20190326111145.jpg
これは木にとっての絆創膏のようなものですね。
雨や雑菌の侵入を防いでくれます。

その後、時間をかけて、このように切り口の周りが
盛り上がってきます。こうなれば、もう大丈夫ですね。
DSCN3906_convert_20190326111301.jpg


桃の摘蕾

こんにちは。暖かいと思うと次の日には寒くなる。そんな季節がやってきました。
冬の作業は、りんごの剪定からはじまり、桃の剪定、さくらんぼの剪定を行ってきました。

これからは、桃の蕾もだんだん膨らんできたので、「摘蕾(てきらい)」が始まります。

DSCN3887_convert_20190312125735.jpg

摘蕾とは、剪定と同じように必要なものを残して、不必要な蕾を摘んでいく作業です。

蕾が上にも下にもいっぱい付いています。

DSCN3894_convert_20190312131147.jpg

これを手作業で、ひとつひとつ摘んでいきます。木の大きさによっても違いはありますが、
全ての枝に蕾がいっぱいついているので、1日で2本摘蕾作業が完了すれば良いくらい、
時間のかかる根気のいる作業です。

この枝は摘蕾作業が終わったところです。蕾が減ったのがお分かりになりますか。
上についていた蕾を取り除いています。

DSCN3890_convert_20190312125843.jpg

なぜ、蕾を取ってしまうのか?それは、花がたくさん咲いた桃の木はとても綺麗ですが、花を咲かせるためには、冬の間に蓄えた養分を使います。おいしい実を育てるにはたくさんの養分が必要なので、なるべく不必要な蕾は取り除いて、花を咲かせるエネルギーを少なくしてエネルギーの無駄使いをしないように管理するための作業です。

この管理作業は摘花・摘果へと続き収穫までの間に数回行います。

「春りんご」の販売はご好評のうちに終了いたしました。お買い上げくださいました皆さまありがとうございます。

さくらんぼ剪定作業

こんにちは。だんだん暖かくなるのは嬉しいですが、それに伴って花粉が飛びはじめ、花粉症の方にはつらい季節がやってきますね。

さて、今日は「さくらんぼの剪定作業」でした。

DSCN3881_convert_20190306132734.jpg

昨年から、ABE果樹園に新たに加わった「さくらんぼ園地」でしたが、昨年は「凍害」(凍害とは、農作物が寒さで凍ったために被害を受けること) でせっかくの花芽が低温でダメになってしまいました。
たった一晩で、今までの作業が無駄になってしまう・・・。自然と向き合う農業は大変です。

DSCN3883_convert_20190306132837.jpg

そしてこちらが今のさくらんぼの枝の状態です。蕾もこんなについているのですから、今年は、「美味しいさくらんぼ」を収穫できるように園地管理に励んでいきます。

「春りんご」販売中です。
ご購入いただいたお客様からは、「シャキシャキしていて美味しい!」「歯ごたえがあってうれしい。」など喜びのお声をいただいております。まだ、販売しておりますので、この機会にぜひ、当園の「春りんご」をお試しください。
ネットショップへはこちらからどうぞ。

 ホーム  »  次のページ